THOUGHT ~想い~

私たちが届けたいアルバムとは

ご結婚式から数ヶ月後
アルバムが届いて
すぐにご覧になった時の感動は 当然あるべきもの

 

私たちが見ている先は
ご結婚式という特別な1日が
遠い過去の出来事となった
5年後 10年後 20年後…

日常生活を送るおふたりが
例えばご結婚記念日にふとアルバムを開くと
そこには あの特別な1日の情景が…
さらに
忘れかけていた あの日の感情までもが鮮明に蘇る

改めて 皆様に支えられて生きているということを実感し
これからの生きる力
人生の原動力になる
そんな 一生の宝物としてのアルバムを届けたい

その為にしていることとは?

お客様毎に個別のアルバム構成

アルバムへの収録枚数が多い

少なくとも80枚 最多は170枚になるアルバムもあります

人生の最大の節目のひとつである結婚式

映画を観るように ページをめくっていただきたい

その方がきっと 気持ちがあの日に帰りやすいから

だから ダイジェスト的なアルバムはリリースしていません

ゲストやアイテムもたくさん登場します

撮影スタイルの共有

カメラマンの寄せ集めではなく
何も出来ない写真好きの人たちがアシスタントから修行を積み
フォトグラファーとして活躍しています。
撮影技術も大切にしているし、想いの部分も
共有することができます。

・基本的な撮影スタイル(最低限撮影するべき写真の共通認識)
・心構え(雨天や夜などでも諦めず できる限りお望みを叶えるというマインド)
・まずはお客様の良いところ探しをしてフォトグラファーがおふたりのことを好きになるというスタンス

チームで撮影現場に臨む意味

チームだと可能性が拡がる
一人だと諦めないといけないことも 二人いると出来ることもある
だから 自身の担当以外の新郎新婦様の撮影もお互いが手伝うし
アシスタントもいたりする

ライティングをしたり レフ板を使ったり
布を敷いて寝そべったり 脚立を立てて高所から狙ったり
雨でも番傘を使って屋外で撮ったり
例えばそういうことが出来るようになります

撮影だけでなく見届ける

アルバムの仕上げ 検品 郵送まで
フォトグラファーが自分達の手で行います

撮って それで終わり じゃない
お届けまで 愛を込めて

ちなみに
Avenueなどアナログアルバムのサインにも
愛を込めています
(一冊ずつを手書き仕上げ)

データ400枚以上は少ない?

AVESTUDIO materialsのスナップ納品データは
撮りっぱなしの 瞬きや連写が残ったものではなく
お手元に届いたらそのまま皆様で
スライドショー上映をご覧いただける
精度の高い写真

上限を設けていないので
ご披露宴の内容によって
もっと納品枚数が増えることもあります

記念写真が撮れる技術力

婚礼写真業界の伝統技術である和装の型付け 全6パターン×2
かなり必死に練習しないと到底習得できるものではないのです

私たちAVESTUDIO materialsは
記念写真という細部までこだわるべき撮影に
スピード&クオリティをどこまでも追求して
日々鍛錬を積んでいます

【具体的内容概略】

・毎週必ず行う和装練習

・代表木建による3ヶ月間の新人研修

・日常的なマネージャー陣による写真指導